米澤信穂「巴里マカロンの謎」

米澤氏が冒頭で記しているように、小山内ゆきと小鳩常悟朗の高校生コンビが、洋菓子和菓子などの甘味菓子を題材にしたミステリーの10年ぶりの文庫作品「巴里マカロンの謎」読了。お菓子にまつわる話の短編を4編が、それぞれお菓子の名前がついていて、尋常ならざるふたりの推理力がいかんなっく発揮されている作品です。

表題作の「巴里マカロンの謎」は、小山内が小鳩を誘って新規オープンしたマカロンを売りにした洋菓子店に赴き、3つ出されるはずのマカロンが4つ出てきたことから、なぜ4つ出てきたのか?を二人で推理していく話。マカロンは小型の洋菓子で、洋風どら焼きともいうべき構造。色とりどりで好きな方は多いと思いますが、私自身はそんなに食べた記憶がありません。4つ目の間違っておかれたマカロンがどれか推理し、そのマカロンには指輪が埋め込まれていたことから誰が埋め込んだかを鮮やかに説いていきます。中学生が母親が亡くなって間もない時期にもかかわらず、父親が新しい女性と付き合っていることに憤りを覚えてやった行為だったのですが、この中学生、古城秋桜がその他の話にも登場します。

「紐育チーズケーキの謎」は、小山内が古城から中学校の文化祭に招待され、小鳩を誘って中学に赴く。古城はお菓子倶楽部に属していて、二人はそこで紐育チーズケーキを食し、その美味しさに満足。その後に事件は発生。校庭のボンファイヤーでお菓子を焼こうとしていた小山内と古城のところに、男子中学生が走ってきて小山内と接触。男子生徒を追ってきた3人の中学生は小山内を連れてどこかに行ってしまう。逃げてきた生徒が小山内にCDを渡したことから、そのCDがどこにあるかの推理を小鳩が推理し、柔道部の悪行が暴かれるという話。

「伯林あげぱんの謎」は、ドイツパンのお店が作ったあげぱんの話。小鳩が用事で高校の新聞部に顔を出すと、4人の部員が異様な雰囲気。聞くと4人が食べたあげぱんの一つにはマスタードが入っていたはずなのに、誰もマスタードのパンは食べていないと申告。誰かが嘘をついているのか?何かトリックがあるのか?小鳩が鋭く説いていく。小鳩が新聞部の部室に行く途中で、涙を流している小山内と会っている記述がありますが、それが読者には大いなるヒント。結局揚げパンは5個あり、誰か外部の人が、辛いパンを食べていたのでした。

最後は「花府(フィレンツェ)シュークリームの謎」。花府と書いてフィレンツェと読むのを初めて知る。シュークリームとはありますが、あまり話とは関係が薄いかな?という感じ。古城から小山内に、学校を停学になったが、全く自分には身に覚えのないことで停学になったので調べてほしいとの電話。早速二人は、古城のマンションに赴き、事情を聴いて調査にはいる。4人の女子生徒がパーティーで飲酒した写真が証拠となって停学を言い渡されたが、リーダー格の生徒や諸々の情報を探るうちに、写真が捏造されていることに気づき、古城の無実は証明されることに。写真を捏造した犯人は、古城の父親が開いた洋菓子店のライバル店の親子という結果。それにしても、そんなに簡単に停学を学校はするものなのか?との疑問を抱いた次第。

今日はこの辺で。

映画「流浪の月」

凪良ゆうさんの本屋大賞受賞作を原作とした日本映画「流浪の月」を下高井戸シネマにて9月16日に鑑賞。広瀬すずが渾身の体当たり演技に挑んだ作品で、相手役が役にぴったりの雰囲気を持つ松坂桃李が演じた作品。

10歳の少女が行き場を失い、公園にいたところに、自閉症ぎみの青年が近寄り、「うちに行く」と言って同居することに。勿論未成年者誘拐になる危険性があることを承知しながら、少女も居心地よく数カ月生活するが、勿論青年は捕まり、少女は青年は何も悪くないという事実を言わないまま、青年は少年院へ。そんな二人が再開し、少女は25歳の女性となり他の男と同棲中。青年も他の女性と付き合っているというシチュエーション。しかし、二人は矢張り惹かれあうが、幸せが訪れることがない終幕。

広瀬すずは、同棲中の男とのベットシーンもこなし、少女女優からの脱皮を図り、おそらくは今年の日本アカデミー賞の最有力女優賞候補になるのではないかと予感させてくれる演技。同じく松坂桃季も、「新聞記者」で見せた、何か頼りなく超自然的な演技が秀逸。結構見応えのある映画でした。監督が李相日氏であることから、当然と言えば当然でありました。

今日はこの辺で。

米澤穂信「ふたりの距離の概算」

米澤氏の折木奉太郎を主人公とする神山高校古典部シリーズ「ふたりの距離の概算」読了。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければならなおことなら手短に」をモットーとする折木にしては、随分やらなくてもいいことを熱心に取り組むのがこのシリーズ。

本作は、4名の部員が2年生になり、新一年生の新規勧誘でなかなか小棒者が集まらないことから始まり、ようやく大日向友子が仮入部し、2か月後に退部してしまう理由について、部長の千反田が自分のせいではないかと悩んでいるのを見かねて、折木が退部の真相を;神山高校の一大行事である20キロマラソンの最中に部員からの事情聴取や、大日向本人からの聴取で、貧相を突き止めるという作品。大日向本人に千反田の悩みを正直に話して、聞き出せば苦もない作業と思われるのだが、何故か折木は当事者以外の人間からの聴取から始めて、最後に千反田、そして大方折木の推測が固まったところで、大日向に確認作業的な聴取を行うという回りくどい方法で攻めていく。これこそ「やらなければならないことは手短に」に反するように思われるのですが、小説ですから良しとすべきか。

米澤氏のこのシリーズは、折木が聴く「言葉」を記憶しておいて、その言葉から真相に近づく方法がとられるのですが、普通はそんなに深く記憶にとどめない言葉を、不明事項に当てはめていくという作業が多くあり、専門の刑事でもなかなかできない芸当。その意味で、折木奉太郎の行く末は名探偵しかないのではないかと思えてきます。

退部の真相は、千反田が大日向の携帯をいじっていたことではなく、大日向の中学時代からの友人との秘密を千反田に知られてしまうことへの恐怖であったのだが、退部理由としてはおかしな理由と思えたのですが。

今日はこの辺で。

映画「国葬」

安倍元首相が暗殺され、岸田首相は早々と国葬にすることを決め、9月27日に強行される予定である。国民世論は国葬反対が徐々に増加し、直近の朝日新聞世論調査では、反対が賛成の2倍近くにせまるという惨憺たる状況である。また、イギリスのエリザベス女王がなくなり、本日9月19日に国葬が行われているが、多くの国民の弔意が示されている国葬に比べ、何とも寂しい安倍元首相の国葬になりそうである。

そんな国葬が話題になる中、ウクライナのセルゲイ・ロズニツァ監督のドキュメンタリー映画国葬」を9月17日に下高井戸シネマにて鑑賞。この映画は、1953年に亡くなったソ連の指導者、スターリン国葬場面の映像を映し出したもので、当時国民が動員されたのか、それとも自然発生的に集まったかは定かではないが、すごい数の人民が弔問に訪れている場面が映し出されている。中には涙を拭いて弔問している女性たちが多く見られ、1953年当時は国民に愛されていたかのような印象も受けます。スターリンと言えば、政敵や同僚をはじめ、自分の意に沿わない人間は何百万人単位で粛清したことで知られていますが、彼の評価が定まるのは、フルシチョフによる1956年のスターリン批判までの3年間程は、ほぼ闇に隠れていたため、尊敬されていたようです。しかし、3年後にはスターリン批判が行われ、遺体もレーニン廟から追い出されたとのこと。エンドロールでは、すさまじい数の国民や他国民を殺害した人物として、国葬の盛大でかつ厳粛な式典を否定的に評価している。何らやらせ的な場面のない、あくまで当時撮影された大量のフィルム映像と音楽が流され、退屈になるほどです。最後の方で、フルシチョフが司会を務めて、後継首相のマレンコフ、ベリヤが挨拶する場面は、この映画の中では唯一の見せ場。数年前に「スターリンの葬送協騒曲」というコメディー映画があったが、挨拶した者たちは数年後には失脚し、フルシチョフ体制が出来上がる、その前兆のような場面でありました。

国葬で神格化するものもいれば、化けの皮が剥がされる者もいることを物語っています。

安倍元首相については、国葬後、果たしてどうなるのか?早くも化けの皮が剥がれかかっているような気もするのですが。

なお、プーチンスターリン歴史的評価を高くする発言をしていることは、非常に恐るべきこと。確かにやっていることは、政敵をことごとく亡き者にし、独裁者となっていく過程、そしてウクライナに軍事侵攻している事実から、スターリン礼賛者としてプーチンを評価するべきかもしれない。

今日はこの辺で。

米澤穂信「愚者のエンドロール」

米澤氏の折木奉太郎シリーズ第2弾「愚者のエンドロール」読了。依然として折木奉太郎以下古典部のメンバーは1年生の4人。彼らは夏休み返上で文化祭のための文集「氷菓」制作に入っており、毎日高校に通う日々。そんな中、本作では女帝こと2年F組の入須冬美からビデオ映画の試写会に誘われ4人で視聴。そのビデオは途中で中断しており、入須からこの後の展開を、脚本を書いた本郷という生徒の意図を推理してストーリーを完成してほしいとの依頼を受ける。本郷は脚本に行き詰ってうつ状態で休養しているが、展開は最後まで考えているはずという前提で。作品は6人の生徒が廃墟を訪れ、うち一人が何者かに殺されるという場面で中断しており、そこには密室のトリックが施されているのであった。誰が殺人犯か?この理不尽とも思える依頼に古典部の4人は受けるのだが、ビデオ制作に関わった3人の生徒からそれぞれの推理を聴くが、いずれも欠点があり、結局折木が一人で考えることに。そして彼は本郷の意図したストーリーを見事に完成させ、ビデオ映画は完成するのであるが、古典部の3人からはいずれも疑問を呈され、それを受け止めた折木は、入須の意図をようやく理解するのであった。

本郷が考えていたストーリーは、殺人は起こらない展開だったが、それではスリラーとしての面白みがないことから、入須が新たなストーリーを折木に作らせることにあったことを見抜くのであった。

こんな落ちとも言えないような話ではあるものの、真剣に読ませてしまうのが米澤氏の力量か。私も途中で何度か本郷に聴くのが一番早い方法のはずが、セリフが出てこないのはおかしいと思いつつ、ついついトリック解明にのめりこんでしまい、楽しい読書でした。

今日はこの辺で。

2022年9月東北温泉旅行記

大人の休日倶楽部パスを利用した東北温泉旅行を、9月9日(金)~12日(月)にかけての3泊4日で挙行。昨年は北海道への一人旅でしたが、今年は妻との二人三脚で。

初日は3回目となる山形蔵王温泉を宿泊地とする旅。8:56東京発の新幹線で山形駅へ。山形の街の散策は初めてということで、市役所がある官庁街方面を目指し、妻が事前にチェックしていた喫茶店で昼食。静かな雰囲気のお店で丁度お腹に心地よい程度の軽めの昼食。昼時ながら女性客中心の心地よいお店でゆっくりした後、かつての県庁舎である文翔館という立派な郷土史博物館を見学。私が興味を持ったのは、かつての県知事は選挙ではなく政府の任命制で、数年おきに代わっていた、いわゆるサラリーマン知事でしたが、それでも明治初期のころは数代にわたって鹿児島県出身者が知事になっていたこと。恐らく薩長で知事の区分けをしたのではないかとも予想される顔ぶれ。確かに薩長明治維新を先導した先進的な役割を果たしたことは間違いないのですが、いくら薩長とはいえ、皆が皆優秀な士族、官吏ではなかったのではないか、逆に猫も杓子も薩長出身であれば地方の知事になれたとも予測されるような顔ぶれ。勿論その後は全国的になるのですが、地元出身者が知事になるのは公選制になってから。さらに驚いたことに、山形県の公選知事は皆さんかなり長い期間同じ人が勤めていたことに驚きました。初代公選知事の村山氏は8年ですが、次の安孫子氏は18年間、3代板垣氏は20年間、4代高橋氏が12年間など、長期に多選が続いています。次の斉藤氏は4年ですが、現在の女性知事、吉村氏も4期目に入っているので最低16年となります。山形県民は変化を好まない県民性があるのか?などとも感じました。文翔館は当時の先進的な建築でもあり、入場は無料で見学のボリュームがありました。その後山形県立図書館で時間を使い、駅まで徒歩で帰り、旅館送迎車で「蔵王四季のホテル」という温泉ホテルへ。清潔感のあるホテルで、部屋は和洋室。夕・朝食も水準以上で満足しました。

2日目の目的地は、これも3度目の訪問となる青森県浅虫温泉。旅館は浅虫温泉で最も小さいながら、おもてなし一杯の「旅館小川」。妻がどうしても小川さんに再訪したいということで、2度目の宿泊。こちらも女将・若女将手作りの料理が自慢の温泉旅館で、食事に堪能。全4室という小さな旅館のために浴室は小さいながら、特にローマ風呂風の浴室は何度入ってもいい気分。今回の旅行ではできるだけ温泉街の散歩をしているのですが、今まで線路の陸がわには行っていなかったのですが、今回散策すると、老舗と言われる名旅館はどちらかというとそちらにあることに気づきました。次回の訪問時には老舗の名旅館を宿泊先にしようと妻と話しました。

なお、翌日の日曜日は、第1回浅虫温泉ラソンが開かれるということを聴き、翌日の朝からアスリートたちが続々と会場に向かうのを見ました。かつて岩手県宮古市に旅行した時も「宮古ラソン」に遭遇しましたが、浅虫温泉ラソン地域活性化策の一環で開催される模様。フルマラソンハーフマラソン、リレーマラソンなど、多彩な競技がありましたが、さて結果はどうなったか、特に参加者は期待通り集まったのか?気になってネットで検索してみましたが、結果は見つからず。この辺のネット情報の充実もお願いしたいものです。

3日目の目的地は初めて訪問する福島県二本松市岳温泉。今まで盲点でしたが、行ってみるときれいな温泉街に巡り会えました。メインの温泉街通りは坂になっていて、両側に旅館や店舗があり、ロマンチックな雰囲気。残念ながら廃業した大きな旅館やホテルも目につきましたが、坂の下の方には2つの綺麗な池があり、散策コースになっています。早めについたので宿泊先の扇やさんに到着後、すぐに池の周りや温泉街を散策。

宿泊先の扇やさんは、古いながらも清潔感があり、部屋も広々として、おもてなしも最高。特に料理は大変すばらしい内容でした。

最終日は旅館送迎車で二本松駅まで送ってもらい、郡山で新幹線に乗り換え、更に大宮乗換で佐久平下車。私の田舎に昨年暮れに相次いで亡くなった母親と兄の墓前に挨拶して、東京へ帰りました。

今回の旅行は、特に宿泊旅館に恵まれ、温泉街の散策も堪能し、旅行の楽しさを満喫出来ました(妻の言)。

今日はこの辺で。

米澤信穂「氷菓」

米澤穂信氏の記念すべきデビュー作で、主人公の折木奉太郎、親友で古典部員の福部里志古典部の女性部員千反田える、伊原摩耶華の出会いから、奉太郎がいくつかのミステリーの謎解きを仲間としていくストーリー展開を描く「氷菓」読了。9月9日~12日かけての東北温泉旅行に持参したのですが、結局50ページほどしか読めず、本日集中して読み終わりました。このシリーズは、「いまさら翼と言われても」に続く二作目ですが、「氷菓」が原点となる作品でいまだに人気作品のようです。

4人はいずれも神山高校の1年生になったばかり。奉太朗は海外放浪中の姉の手紙で古典部に入部するように言われ何となく部室へ。そこにはある目的をもって入部した千反田えるが既に入部しており、その後他の二人も入部して4人で古典部復活を担う。そんな彼らにいくつかのミステリーが突きつけられるのだが、ハイライトは千反田の叔父、関谷純が神山高校を33年前に退学していた真相を4人が突き止めていく話。千反田の叔父も古典部に所属し、何故か退学したことを姪のえるに話しており、その時エルが泣いたことを記憶していて、どうして泣いたのか、退学の真相は何だったのかを調べてきたが解けず、奉太郎に相談する。結局4人が謎解きをするのであるが、解決するのはやはり奉太郎。奉太郎のたぐいまれなる推理力がここでも発揮されることになる。高校1年生にしてはあまりにも抜きんでた推理力で驚嘆ものだが、そこはあくまでフィクションの世界。古典部の33年前の文集に謎の言葉が書かれ、そこにそれを書いた女性徒の名前があるのであるから、その女性を最初から探し出せば話は早いと思うのですが、後出しで出てきます。これもご愛敬でしょうか。

氷菓」は氷のお菓子でアイスキャンディーとかアイスクリームの日本語訳。千反田えるの叔父関谷純は、文集の名前を「氷菓」と名付けたが、これは「アイ・スクリーム」のしゃれ。ただ一人責任を取らされ退学を余儀なくさ関谷潤さんの悲痛な叫びを表現した名称でした。

今日はこの辺で。