NHK取材班・北博昭共著「戦場の軍 法会議日本兵はなぜ処刑されたのか」

昨日「公文書の危機」を読み終わり、ブログ掲載しましたが、今日読了した標記著作も、大いに公文書と関係がある作品。

NHKスペシャルで2012年8月14日、50分の番組として放映された番組ですが、その番組のもととなった取材過程を本にした作品ですが、まず第一に感じたのは、たかが50分の作品ながら、ととてもない時間と労力が費やされてできた番組であることです。メディアが調査報道を避けている一つの理由として、費用対効果の問題があるといわれますが、NHKだからこそ作れる番組であり、歴史的に非常に貴重な番組であり、著作でもあります。しかし、本来であれば、終戦時に陸海軍が貴重な文書を「焚書」しなければ、もっと真実に簡単に迫れたはずであるという、正に公文書を為政者がわが身を守るために消滅させたという歴史的な罪があるということです。

そして著作の内容での印象は、公文書がなく、実際に軍法会議に携わった、あるいは軍隊に所属して、仲間が処刑されていったことを知る人間のほとんどが鬼籍に入るか、あるいは高齢であるという壁があったなかで、貴重な証言を見つけ出し、当時の軍隊の不条理を訴えたことの重要性です。

大日本憲法下であっても、憲法にのっとった刑法や民放があり、それに則った裁判が行われた訳ですが、軍隊にあってはすべてが上意下達に世界。上巻の言うことは逆らうこともできず、更には戦時においては敵軍人を殺すことは許される行為でもあり、軍法に基づく裁判が行われざるを得ない世界である。ただし、これを認めるにしても、許されることと許されないことは当然に存在するのであって、終戦まじかの、米軍に追い詰められた状況下、食糧はなく、末端兵士は飢えないために食料調達のために隊から離れ、帰還が遅くなったことから、逃亡とみなされ軍法会議も経ないで処刑されるなどの理不尽な行為もあったとのこと。その結果、処刑された兵士は「逃亡犯により処刑」という烙印を押され、遺族年金も支給されず、遺族は戦後もいわれなき差別を受ける事態も散見されたことには、腹立ちを覚える。戦場では不思議と上官優先に食料も配分されたこともあったようで、軍法会議のために陸海軍に配置された「法務官」と呼ばれる戦場の法の番人たちの多くは無事に帰還し、戦後の司法中枢で生き延び、中には最高裁長官や検事総長になった人もいるのである。

本書に登場する法務官、沖源三郎氏と馬場東作氏も戦後法務省役人や弁護士となっている。この二人については、軍法会議の理不尽さについて晩年に貴重な証言していることで、まだ許されるのであるが、法の番人の役割を果たさないまま戦場から悠々と帰り、その後口を閉ざしたまま司法の世界で生きてきた姿は、今の日本司法の体たらくの源流でもある気がしてならない。

生き証人が少ない中、NHK取材班は北博昭氏という貴重な研究者と出会ったことは最大の幸運であった。北氏は軍法会議に関しての研究をやった数少ない方で、NHKという大マスコミの調査報道の立役者であり、彼がいなければこれだけの番組や著作は作れなかったはずである。

それにしても、フィリピンのジャングルまで逃げて、人肉食までして生きなければならないほど飢えた状況で、敵に降伏もできないような軍隊が許されるのだろうか。そして、英語が喋れるから米軍に情報を漏らしかねないとして処刑されてしまう理不尽が許されるものなのか。BC級戦犯として裁かれ処刑された軍人も多かったのであるが、証拠を隠滅して生き延びた軍人が戦後日本の中枢を担ってしまった日本という国の不幸は、いまだに続いているような気がするのである。

今日はこの辺で。

毎日新聞取材班著「公文書危機 闇に葬られた記録」

安倍政権になってから問題になった公文書管理は、何件あったか。主なところで、

等々。

いずれも国会で大きな問題となり、野党が追及したのですが、「記録が残っていない」、「保存期間が過ぎたので廃棄した」、「記録は作っていない」などの答弁で政権は切り抜けてきた。

公文書は、公文書管理法で定義されており、上記案件はいずれも行政行為であり、その決定過程や記録は、当然に公文書の範疇に入るものである。特に、森友・加計学園問題では、学校の設立認可にかかわる過程に、どういった人が係ったかは、非常に重要な決定過程の記録でありながら、一部は改竄されたり、また一部は「怪文書」呼ばわりされたり、全く理解できないような事態が起こってしまった。桜の問題では、出席者名簿が一年未満の保存期間になっていたことから、すぐに廃棄されたとのおかしな答弁が貫かれてしまった。首相は行政に最高の意思決定機関でもあり、その首相がどのように係ったかは、本来きちんと記録に残さなければならないはずが、不都合なものは決して残さない、記録するものは部屋に入れないなど、信じられないことが本書で述べられている。

行政は、圧倒的に前例踏襲主義が常識であり、行政文書は必ず残っているべきものだが、それがないものとして政権が公文書管理のガイドラインを骨抜きにしていることの責任は極めて重い。

今私は、同時進行で太平洋戦争末期の軍法会議にかかわる本を読んでいるのですが、ここでも問題となるのが文書の存在。終戦間際の戦場でどのような理不尽な行為が行われたのか、あるいは太平洋戦争を通して、どんな意思決定がなされていったのかなど、後世に残すべき文書が多々あったはずなのに、軍部は米軍が乗り込んでくる前に、相当数の重要文書を焼却した事実は皆が認めている。言ってみれば、悪事の証拠は自分の身に降りかかってくることを恐れ、なきものとしたのである。正に、安倍政権が行ったことは、戦争を仕掛け、最後の最後まで国民に連戦連勝といった嘘をつきとおした軍部や為政者と同じことである。本書を読んでいて、本当に日本がよい方向に向かえるのか、先人のしたことを反省したり、良いことをまねたりすることができるのか、甚だ怪しい限りである。

今日はこの辺で。

映画「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」

1月9日(土)、ギンレイホールにて、ブラジル映画「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」鑑賞。

若くしてその天才ぶりを発揮してカーネギーホールなどで名演奏を繰り返してきた、ブラジル出身のピアニスト、ジョアン・カルロスマルティンスの伝記映画。

ピアノのことはよくわかりませんが、映画を観る限り、その指使いの魔法のような速さには目を見張るもの。そんな天才が、二度の災難を経て右手の指が動かなくなり、手術や厳しいリハビリ特訓を行い、左手と右手の指関節で演奏できるまでになる不屈の物語。

そんな努力もあり、映画には出てきませんが、2016年リオデジャネイロパラリンピック開会式で国家演奏を披露したとのこと。

映画的には、幼少期からその才能を発揮して、専門の先生につき、腕を磨き10代でデビュー、その後30歳直前にサッカー中に転倒して指を負傷、指から血を出しながらも演奏したのがたたったのか、結局右手は3本の指しか使えなくなるものの、必死なリハビリで復活、更には50代に演奏旅行中のハンガリーで暴漢に襲われて右手の指が完全に動かなくなるという災難に会う。その後は指揮者として楽団を編成して数多くの演奏会の指揮を執る。そして、左手のピアニストとしても復活するという苦難と成功の物語なのですが、今一つ盛り上がりに欠ける部分がありました。それでも、バッハのピアノ曲をふんだんに盛り込んでいる分、クラシック音楽好きにはたまらない映画となっていました。

今日はこの辺で。

小野義雄「日本警察が潰れた日」

産経新聞警察庁担当記者を務めていた小野義雄氏が、平成11年から12年にかけて発生した警察不祥事事件で、警察が揺れに揺れて国民からの信頼を失墜させた時期を描いたノンフィクション」日本警察が潰れた日」読了。

平成11年には神奈川県警で数件の警察官の不祥事事件が発生し、神奈川県警本部長が刑事訴追され、大きな問題となります。そしてその騒ぎがまだ収まらない中、9年前に発生した新潟少女誘拐・監禁事件が解決されるという、正にこれまた「事件」が起こる。本来であれば、事件解決は警察にとって何より喜ばしいことではあるのですが、その解決の過程で、いくつもの警察の失態が明らかになっていく。まず、犯人が10年前にも同じような誘拐未遂事件を起こしたにもかかわらず、当時の柏崎警察署がその事件データを残していなかったことが明らかになったこと。そのデータがあれば9年前に事件が解決していた可能性が大きかったはずでした。次の失態は、実際は保健所が少女を発見したにもかかわらず、警察が発見したと偽った会見を開いたこと。更にその前に保健所からの電話で、暴れている犯人がいるという保健所員からの通報に対して、動かなかったこと。そして最悪は、関東管区監察局長の監察が偶然にも実施されていた当日で、県警本部長と局長が雪見酒とマージャンにいそしんでいたことが発覚したこと。そして、両名の懲戒処分が甘かったことから、国民の批判が沸き上がってしまい、正に警察が潰れんばかりの危機に陥ったことです。

リスク管理のリの字もない警察という組織の悪弊がすべて露出してしまった事件でした。

この事件が収まらない中発生したのが、桶川ストーカー殺人事件。これもまた、新潟の事件と同じように、被害者親子から再三再四要請があったにもかかわらず、上尾警察が捜査もせず、書類も改ざんしていた事実が、被害者が殺されてから続々と出てきたことです。この三県警の不祥事が連続して発生したことから、警察刷新会議が設けられ、警察の自浄作用が図られたことが最後に書かれていますが、実際には自浄作用は今もって効果を上げていないように感じます。

著者は産経新聞の元記者であり、いわゆる記者クラブ内に属して、歴代警察庁長官と親しかったような書きっぷりから、かなり警察よりの筆致に見受けられ、その辺は気に入りませんでしたが、それは別にして、警察組織の隠ぺい体質には十分納得しました。

今日はこの辺で。

 

天童荒田「迷子のままで」

長い年末年始の休みも残り3日、年越しで読んだ新年初めて小説は、天童荒田「迷子のままで」

天童さんの小説は、直木賞作の「悼む人」に代表されるように、表現が適切ではないかもしれませんが、人間の良心を暗く描くような作品が目立ちます。本書も例も漏れず、暗い印象ながら、人間としてどうやって生きるのが正解なのか、両親とはどういう振る舞いなのかを問うています。

本書に収められた作品は2編で、表題作の「迷子のままで」と「今から帰ります」。

「迷子のままで」は、シングルマザーと同棲している若い男、ドライバーの勇輔が主人公。結婚を前提にシングルマザーと同棲しているものの、幼い子供がなつかずイライラが募り、つい手を挙げてしまう。そんな彼もかつて結婚していて、子供まで作ったが、今は離婚している身。そのことは同棲相手にも話していない状態。

そんな彼が、別れた妻の新しい夫が子供に暴力をふるって死なせてしまう事件があり、勇輔が実施をなくしたことに対してメディアの取材を受けることに。雄輔と別れた妻は、いずれも若くして子供ができ、勇輔が逃げてしまった口。別れた妻は、育児に非協力的な今の夫に暴力を振るわれ、逃げる場所のない生活。・・・・・、最近ある親による虐待事件をモチーフにしているかのようなストーリー。結局勇輔は自分に子供を育てる資格がないことを悟り、結婚せずに去るしかないことを認識する。子育ての大変さを、重要さを教えてくれますが、シングルマザーが増え、その多くが貧困家庭であることが社会問題となっている昨今、自助では済まない現実があります。

「今から帰ります」は、福島で除染作業をする人たちが主人公。映画好きな青年は、会社を辞めて映画資金を得るために、危険な除染作業に加わる。その仕事の仲間は、ヘイトの標的になっている在日のリーさんや、ベトナム人実習生のヴァンさん、映画作りの仲間の小五などなど。震災で親や兄弟親戚を失った人への痛みを感じるとともに、「騙されること」の罪について教えてくれます。「原発安全神話」に騙されてきたと言って政府や電力会社を責めることで、自分たちは騙されてきた被害者を強調するのではなく、それを鵜のみにして、何ら疑うことなく騙されてきた罪まで問います。如何に大きな権力に騙されずに生きていくかは、戦争責任に通じる話でもあり、国民主権の今日にあっては、余計に選挙民は騙されていることに気づく感覚が必要なのではないかと痛感した次第。

今日はこの辺で。

寺澤有「本当にワルイのは警察」~国家権力の知られざる裏の顔~

寺澤氏は、警察などの国家権力と戦うノンフィクション作家。本書「本当にワルイのは警察」は、寺澤氏が取材してきた警察権力の汚い裏の姿を映し出します。警察は庶民の味方と思っている方も多いかと思いますが、警察官個々人に本当に悪い人はもともとはいないのでしょうが、警察という組織に入り込んでしまうと、組織防衛や階級制度、古い慣習にからめとられて、そこから理性や誠意を失ってしまう姿がまざまざと見えてきます。本書では語られませんが、重大事件の犯人が挙がらないときによく発生する冤罪。これもまさしく、組織の力が証拠を捏造してまで(袴田事件など)、あるいは都合の悪い証拠を裁判に出さないなどの行為に及んでしまうことに現れます。結局は、たとえ冤罪であっても、組織の示した方向性に逆らうことができない、一個人としての警察官の理性や誠意を消し去ってしまうところに問題がある。

本書では、まず全国の警察で行われている「裏金作り」の悪習を実例を挙げて訴えますが、警察は決して正面から組織犯罪として認めません。私も警備関係の仕事をしていたことがあり、警察と少しだけおつきあいしたことがありますが、平気でビール券や選別などを受け取りますし、防犯協会主催の宴会にも会費なしで堂々と出席していたことを思い出します。本当は、お金に関して最も襟を正さなければいけない役所なのですが、実は最もルーズな役所です。架空の領収書などを作って裏金づくりをするのは、検察も全く同じですが、組織から声をあげても、逆に抹殺されるところが恐ろしいところでもあります。とにかく逮捕権があるのは、大きな権力であり、暴力でもあります。

警察と暴力団の関係については、映画やテレビの話ではなく、現実の問題でもあります。最も顕著なのが拳銃の押収ノルマ。日本はアメリカのような拳銃無法地帯ではなく、幸いにも拳銃所持はほとんどの国民はできません。やはり一番不法に追っているのは暴力団関係者。警察庁、警視庁、道府県警察本部からノルマを課されて、暴力団との取引で拳銃を押収しなければならないシステムが堂々とまかり通っているとは、言葉もありません。暴力団側からすれば、警察に提供する拳銃を用意するために拳銃を外国などから購入し、それが警察署の手柄となるなど、正に鼬ごっこ。そんなことで日本にある拳銃が減ると思っているのか。

本書では触れられていませんが、警察というところはやたらに表彰が多いところ。たとえ冤罪であっても犯人を上げれば表彰、そんな表彰がいくつも重なって名刑事となり、階級も上がっていくようなシステムは極めて危険。

警察と天下りの問題もまた、社会をゆがめる悪弊である。本書で例に上がった東電への警察官の天下り。反原発活動家の個人情報が警察に筒抜けになるシステムがここでも出来上がっています。

そして一番の問題は警察とマスコミの関係。記者クラブという大手メディアの特権に甘えて、あるいは縛られて、警察の悪事を追及できないシステムも、強固に出来上がっています。北海道警の裏金問題を追及した北海道新聞が、最後は白旗を上げた事例でわかる通り、マスメディアは決して警察に逆らえない構図が出来上がっている恐ろしさ。

「法に触れるような悪いことをしなければいいではないか」という方もいますが、法に触れなくても警察は組織防衛のためならだれでも逮捕して地獄に突き落とす権力を持っていることを、我々一般市民は認識しなければならないことを痛感しました。

今日はこの辺で。

韓国ドラマ「ミセン」

 またもや韓流ドラマにはまり、時間を随分費やしました。こんなので私の生活はいいのか?と少し反省。

とにかく韓流テレビドラマは長編。一派が通常正味60分~80分、それが通常16話(おそらく韓国は半年単位なのでしょう)、長いと20話も普通。今回Netflixで視聴した「ミセン」は20話で、正味70分、長い場合は正味90分。日本ではNHK日曜の時代ものが1年間という例もありますが、韓国の人は長物を好むのか?

さて「ミセン」は、幼少時代から以後一本に打ち込んできた青年が、結局プロになれず、囲碁の縁で大手商社に契約社員として入社したチョン・グレ青年が、職場で成長していく姿が描かれます。韓国では、よく不祥事としてコネによる入学や就職がスキャンダルとして政権を揺るがすほどの騒動になりますが、それだけコネが悪いこととして意識されていることなのでしょう。チョン・グレ青年は、とりあえず契約社員に採用されるものの、この大手商社では、高卒では正社員になれないという慣習があるとのこと。韓国が学歴社会だということが、このドラマでも描かれます。それでも上司の次長や課長、代理が彼を成長させ、何とか正社員にしようと努力します。更には、最初は壁があった同期の3人とも太い絆ができていきます。それでも、結局は正社員になることができず、会社を契約切れで辞めていくのは、韓国社会だけでなく、日本でも有期雇用者の待遇の悪さとしてよく聞く話。

それでも、彼を正社員にしようと、仕事で危ない橋を渡った次長が会社を自ら辞め、彼の新しい会社に就職できたのはハッピーエンド。

今日はこの辺で。