浅田次郎「大名倒産」上巻

浅田次郎先生の最新の単行本?「大名倒産」上巻読了。あまりの面白さに、とりあえず上巻読了時での感想。さすがに浅田先生、とにかくストーリー設定が見事で、読ませます。

越後丹生山3万石の領主となった松平和泉守信房を主人公に、江戸時代末期の借金だらけの城持ち小大名が、先代のたくらむ大名倒産を知り、倒産を何とか食い止めようとする決意で、初めて自国領内に入るまでを描く上巻。

当代和泉守は御年21歳。彼は先代の別腹4男で、長兄が急死、次兄が頭脳不明瞭、三兄が病弱のため、急遽お殿様となった設定。先代は25万両の借金を抱えたことから、御家復活はあきらめ、早々と隠居、気ままな百姓生活を送るものの、何やら悪だくみを企んでいる様子で、家老二人をいまだに使って、お金をため込んでいる様子。当代和泉守の周辺には、おつむは悪いが天才的な庭師の次兄新次郎とその妻お初、お初の父親で名門旗本の小池越中守、和泉守の育ての親の間垣作兵衛、頭は良いが病弱の三兄の喜三郎、側近で幼友達でもある二人の若侍、更には貧乏神まで、それぞれ個性豊かな面々を配置。上巻では、江戸城中で見知った先代の行状や藩に金がないことなど、前途多難なお殿様の覚悟を、参勤交代の様子なども交えて描きます。

笑わせるのは小池越中守が参勤交代に70名の部下を連れてついてきて、越後の鮭と間垣作兵衛に感動する部分。浅田先生らしいコメディー満載のこの話ですが、いよいよ下巻では誰が活躍の中心になって御家復活をさせるのか、はたまた表題通り大名倒産してしまうのか?現代の経営学にも通じる話がこれから待っていることを想像するだけで楽しくなります。

今日はこの辺で。